◼️行きつけの耳鼻科。

耳鼻科の先生は強面なおじいさん。

子供を子供扱いしないし、あまり喋らない、笑わない。

 

治療の時は単語で福に指示を出す。

 

先生「はい、そこ座れ」

 

福「…」

 

先生「はい、耳見るぞ」

 

福「…こわい〜」

 

先生「こわない。何もいたない」

 

福「…ふぇ〜ん」 

 

先生「はい、反対向け」

 

福「…」

 

終始こんな感じで治療が進んでいく。

文字にするとものすごく冷たい先生みたいだけど(笑)愛は感じるし、処置は早くて的確だから信頼している。

 

今日は中耳炎の治り具合を確認してもらった。

 

先生「耳、痛くないか」

 

福「痛くない」

 

先生「よし。なら耳見るぞ」

 

福「うん」

 

先生「耳、聞こえとるか」

 

福「きこえる」

 

先生「最後、鼻見るぞ」

 

福「うん」

 

先生「よし。鼻フーン!せい」

 

福「フン!」

 

先生「よし。もっと強くフーン!せい」

 

福「フーーーン!」

 

先生「よし。」

 

その拍子に鼻血も出た。

先生がその鼻血を福に見せると

 

福「はなに、こうして、ちっちゃくして、ティッシュつめればいいよ」

 

先生「はは!笑」

 

やった!あの先生をついに笑わせた。笑

 

その後も二人のちゃんと噛み合う会話が続き、先生ご満悦で今日の治療は終わった。

 

先生から「何でも言うことわかるな」とお褒めの言葉もいただきました。

 

目尻が下がる先生を見られて私もご満悦。

f:id:tama-fuku:20180605194002j:image

 

◇ただいま3歳6ヶ月