◾️ひとりでできる期

何かと挑戦意欲旺盛なこの頃の福。

 

この前は「ふくちゃん、ひとりでこうえんいける!オレ!」と、未だに″ふくちゃん″か″オレ″か統一できない自分の呼び名を交えて、ひとりで公園行ける宣言をされた。

 

f:id:tama-fuku:20180717090918j:image

 

しかも自転車で行くと言って聞かない。

ならば行かせてしまえ!とやらせてみた。

 

教えた交通ルールを守れるのか、母はこっそり後を付ける。

 

いざ出発。

交差点ではちゃんと止まって左右を確認している模様。そして自転車の鈴をチーン!の鳴らしてまた走り出す(チーンは教えてない。笑)

 

終始ヒヤヒヤしながら離れて見守っているのだけど、車が来たり、溝の近くを走っていると気が気でない。汗

 

そして、案の定ブロックの段差で自転車ごと倒れてしまった。大丈夫かな〜と見ていると、ひとりでスッと立ち上がって、自転車をヨイショ!と起こして、何事もなかったようにまた走り出す。

 

 

 

できるんだねーひとりだと。

 

この日を境に色んなことをひとりでやらせている。

 

ひとり荷物出し。

f:id:tama-fuku:20180717090958j:image

 

ひとりシャワー。

f:id:tama-fuku:20180717091023j:image

 

などなど。

 

と言っても星飛雄馬の姉のようにこっそり見守る母の癖は変わらない。

 

◇ただいま3歳8ヶ月

◼️お見送り。

以上児さんになって、教室まで送りとどけていた朝のお見送りは、玄関でバイバイするようになった。

 

バイバイした後は、一人で手洗いをして、リュックの中の荷物を自分のカゴに仕分けして1日が始まるらしい。

 

福はこの玄関バイバイに苦戦していた。笑

 

なかなかバイバイできずに「ママ!ママ!ママー!」と泣いて私を教室まで引っ張っていく。

 

教室に着いても、必死で私の洋服をつかんで「おうち、かえりたい!」と訴える。

 

仕方がないから、福を笑わせるために「飛行機〜」と言って福を抱えて、ひとっ飛びするように先生に抱っこで預けていた。

この方法だと、わりとスムーズにバイバイができた。笑

 

そんなこんなが続いていたけど、最近は玄関でバイバイができるようになった。

泣かないし、飛行機もしない。

 

その代わり

私「いってらっしゃーい!」

福「いってきまーす!」

 

福「ママ、いってらしゃーい!」

私「いってきまーす!」

 

の後、

 

福「ママ、タッチーー!」

私「はいはい、タッチ」

(お互いの手をパン!と合わせる)

 

福「ママ、ギューー!」

私「はいはい、ぎゅー」

(抱擁)

 

福「ママ、チューー!」

私「はいはい、ちゅー」

(唇に熱烈キス)

 

この3つが終わってから、ようやく決心したかのように元気にバイバイして教室に向かって行く。

 

見ている先生たちがいつも笑っている。笑

 

親バカだと思うけど、そんな風に頑張っている姿が愛おしくてたまらんちん。

 

f:id:tama-fuku:20180612091826j:image

◇ただいま3歳6ヶ月

◼️行きつけの耳鼻科。

耳鼻科の先生は強面なおじいさん。

子供を子供扱いしないし、あまり喋らない、笑わない。

 

治療の時は単語で福に指示を出す。

 

先生「はい、そこ座れ」

 

福「…」

 

先生「はい、耳見るぞ」

 

福「…こわい〜」

 

先生「こわない。何もいたない」

 

福「…ふぇ〜ん」 

 

先生「はい、反対向け」

 

福「…」

 

終始こんな感じで治療が進んでいく。

文字にするとものすごく冷たい先生みたいだけど(笑)愛は感じるし、処置は早くて的確だから信頼している。

 

今日は中耳炎の治り具合を確認してもらった。

 

先生「耳、痛くないか」

 

福「痛くない」

 

先生「よし。なら耳見るぞ」

 

福「うん」

 

先生「耳、聞こえとるか」

 

福「きこえる」

 

先生「最後、鼻見るぞ」

 

福「うん」

 

先生「よし。鼻フーン!せい」

 

福「フン!」

 

先生「よし。もっと強くフーン!せい」

 

福「フーーーン!」

 

先生「よし。」

 

その拍子に鼻血も出た。

先生がその鼻血を福に見せると

 

福「はなに、こうして、ちっちゃくして、ティッシュつめればいいよ」

 

先生「はは!笑」

 

やった!あの先生をついに笑わせた。笑

 

その後も二人のちゃんと噛み合う会話が続き、先生ご満悦で今日の治療は終わった。

 

先生から「何でも言うことわかるな」とお褒めの言葉もいただきました。

 

目尻が下がる先生を見られて私もご満悦。

f:id:tama-fuku:20180605194002j:image

 

◇ただいま3歳6ヶ月

 

 

◼︎マッサージ。

福にマッサージを頼むと、もみじみたいなぷくぷくツルツルな手で撫でたり揉んだりしてくれる。

f:id:tama-fuku:20180515142231j:image

この世のものとは思えない気持ち良さ^ ^

 

そしてこうなって、

f:id:tama-fuku:20180515142342j:image

こうなって、

f:id:tama-fuku:20180515142405j:image

こうなる。

f:id:tama-fuku:20180515142425j:image

触りたかっただけかい!

 

f:id:tama-fuku:20180515142459j:image

f:id:tama-fuku:20180515142541j:image

ごまかす3歳児。

 

◇ただいま3歳6ヶ月

 

◼︎アレルギー検査、再び。

卵アレルギーの再検査。今回は病院の外来で少しずつ卵を食べさせて、アレルギーの反応の有無をみる。

 

病院に行く車の中で「福ちゃん、注射怖くないよー」と。(注射はしないんだけどね)

「福ちゃん、じっとりしてるよ」と。

 

「じっとりしてる」=じっとしてる。笑

 

実際病院では、血中の酸素濃度を図る痛くもなんともない指にはめる器具に噛みつきまくる福。

全然じっとりしてませんけど?( ̄∇ ̄)

 

それでも痛くないことがわかると「これ、気持ちいいね〜」と自ら指を差し出すように。笑

 

検査の結果、赤い発疹が出て卵アレルギーは治っていなかった。

本人は検査が終わったら食べられると思っていたようで、眉毛をへの字にして残念がっていたけど、まぁまぁゆっくりいこうや^ ^

f:id:tama-fuku:20180515141852j:image

 

◇ただいま3歳6ヶ月

 

◼︎ドリフトに夢中。

生のドリフト走行を見て以来、すっかり「ドリフト」に心を奪われた福。

 

「ブィーーーーン!」と言いながら、ドリフトのような足技でカーブを曲がっていく。

 

f:id:tama-fuku:20180515140156j:image

f:id:tama-fuku:20180515140204j:image

f:id:tama-fuku:20180515140145j:image

スーパーでも駅でも公園でも、ずっとドリフト。「ママもやって♫」と言われるのだけど、公共の場はちょっと勘弁ね…

 

◇ただいま3歳6ヶ月

 

 

■よいしょ。

ネイルを変えると「ママ、これ塗ったの?」と気付いてこう言う。

 

「かわいい〜!」

 

そして私の前髪を結んで、こう言う。

 

「かわいい〜!」

 

保育園にココアちゃんで迎えにいくと、こう言う。

 

「かっこいい〜!」

 

 

桜とともに褒めブーム到来。

f:id:tama-fuku:20180404204852j:image

f:id:tama-fuku:20180404204906j:image

f:id:tama-fuku:20180404204805j:image

◇ただいま3歳5ヶ月